あなたの肌はどう?敏感肌にまつわるQ&A

肌に多くの悩みを抱えがちな敏感肌さん。

ちょっとした刺激でブツブツ・赤み・ヒリヒリなどの肌トラブルが出てしまうので、普段から色々と気を付けていることも多いと思います。

しかし最近急に敏感肌になったという人はどうでしょうか?

なぜヒリヒリや赤みが出るのかがわからないと思っていたら敏感肌が発覚して、今は肌についてどうケアをすべきなのかなどのことで悩んでいるかもしれませんね。

ここでは敏感肌さんが抱えやすい悩みをいくつかピックアップして、その解決法まで紹介していきます!

敏感肌にプチプラ化粧品はNG?

プチプラ化粧品はドラッグストアなどで安く購入できるため、幅広い世代に愛される化粧品です。

プチプラでも色々と種類があり、保湿を重視している人にもニキビをケアしたい人にもおすすめのものがきっと見つかるので、普段からプチプラ化粧品を愛用している人も多いでしょう。

ただプチプラ化粧品と言われると、心配になるのがその品質。

肌が強ければ特に問題なさそうなものの、やはりデパコスなどに比べると品質が悪いのでは…?と気になってしまいますよね。

特に敏感肌の人は品質がとても大事なので、敏感肌はプチプラ化粧品でのケアは無理なのかと最初からあきらめてしまう人も多いかと思います。

しかしプチプラ化粧品の中にも敏感肌OKのものがあるんです!

敏感肌のプチプラ化粧品は配合成分をしっかりチェックして!

敏感肌の人でも使えるプチプラ化粧品はあります。

プチプラ=品質が悪い。デパコス=品質が良い。

このイメージは間違い。

プチプラでも品質が良いものはたくさんあるので、必ずしもプチプラが悪というわけではないんですね。

ではプチプラ向けの敏感肌化粧品はどんなものかというと…

  • 添加物が少ない
  • 配合成分の刺激が少ない
  • 保湿成分が多く配合されている

選ぶ時に注目してほしいのがこの二つのポイント。

敏感肌は刺激に弱く、通常の肌では何ともない刺激が敏感肌には強い刺激となることがあります。

そのため選ぶ時は配合成分が肌に優しいこと、そして刺激を与える恐れのある添加物が極力少ないかをチェックしてみてください。

また敏感肌にはうるおいが足りていないことが多いため、高保湿成分が配合されていることも見ておきたいポイント。

特に見てほしいのがセラミドですが、その他にもヒアルロン酸やリピジュアなどの高保湿効果が期待できる成分も入っているかを成分表からチェックしましょう。

肌に合う化粧品を見極めるには?

肌に合う化粧品を探すのは普通の肌でも大変なこと。

普通の肌はバリア機能が働いていることから化粧品による肌トラブルを心配することは少ないのですが、しっかり効果を実感できるか、肌悩みを解消できるかどうかは使ってみないとわからないからです。

そのため効果が出なかったらまた新しい化粧品にチャレンジすると思います。

この色々な化粧品を試すことができないのが敏感肌の特徴。

敏感肌は刺激に弱い肌なので、色々な化粧品を使うことで刺激の強い化粧品を選ぶ恐れがあり、それがトラブルに繋がってしまうからです。

ただ敏感肌の人はより慎重に化粧品を選ぶ必要があるため、敏感肌でも安心して使える化粧品を配合成分や口コミから確認し、そして実際に使ってみなければなりません。

実際に使ってみないとわからなくても、もしトラブルが出たら…と思うと怖く思えますよね。

化粧品の見極めはパッチテストを必ず行うこと!

自分の肌に合うかを確かめるには、その化粧品でパッチテストを行うことです。

パッチテストとは顔ではなく、腕の内側などの肌の柔らかい部分に行うテストのこと。

このテストを行うことで肌に合うかどうかを見極めることができるので、敏感肌の人が新しい化粧品を使う時はこのテストを必ず行いましょう。

ではパッチテストの手順を紹介します。

  1. 場所は腕の内側など、肌の中でも特に柔らかい場所
  2. 肌に化粧品を少しだけつける
  3. そのまま24時間様子を見る
  4. 異常がなければ次はフェイスラインに化粧品を少し付ける
  5. そのまま24時間様子を見る
  6. 異常がなければ顔全体に使用する

パッチテストは意外に時間がかかります。

手順の工程としては非常に簡単なんですが、待ち時間がかなり長いのがネックですね。

敏感肌の度合いがかなりひどうようであれば1~6までの手順をしっかり実行してほしいところですが、そこまで酷くない場合は1~3まで実行して、異常がなければ顔に使うという感じでも大丈夫かと思います。

ただパッチテストの工程を省けば省くほどトラブルが起こるかどうかはわからなくなるので、心配な人は1~6まで実行してください。

敏感肌化粧品なら何でも使って大丈夫?

今は化粧品はどこでも買えます。

ドラッグストアに行けばプチプラ価格の化粧品がたくさん見つかるし、百貨店に行けば少し高めの化粧品も買えますよね。

またネット通販限定の化粧品も最近増えているので、トータルで言えばかなりの数になるんじゃないでしょうか。

そこまでたくさんあるとどれを選べばいいかわからなくなるものですが、これは敏感肌さんも一緒。

敏感肌向けの化粧品は意外に多く、市販で買えるものもあればネット通販限定のものもあります。

こちらもトータルで言えばかなりの数になるので、選ぶ時は悩みに悩んで…といった風になるでしょう。

敏感肌で悩みを解消したいという強い思いを持っていれば化粧品選びも入念に行うと思いますが、とりあえずトラブルが出ないなら何でもいいという人もいます。

では何でもいいという人は敏感肌向けの化粧品ならどれでも良いのかという問題ですが、残念ながらどれでも良くありません。

敏感肌向けの化粧品でトラブルが出た敏感肌さんも!

敏感肌向けということは肌に優しい成分が入っていて、添加物も少ない。そんなイメージがありますよね。

確かに私自身以前まではそう思っていたのですが、色々と敏感肌向けの化粧品やその化粧品に対する口コミを見てみると考えが覆りました。

なんと敏感肌向けの化粧品を使ったのに、赤みやヒリヒリといったトラブルが出た人が多くいるんです!

つまり敏感肌向けの化粧品=誰の肌にでも合う優しい使い心地ではないってこと。

敏感肌と一言で言っても、どんな成分で肌トラブルが出るかはその人によるんです。

例えばアルコールによって刺激が出る人もいれば、敏感肌でもアルコールOKな人もいるといった風に。

敏感肌化粧品はそれぞれで配合成分が異なるので、自分が合わない成分を見極める事も大切です。

合わない成分がわかっていればその成分を避けて化粧品を選べばいいだけなのでスムーズに選べるようになるでしょう。

成分の見極めができない場合は、先ほど紹介したパッチテストを必ず行ってください!

敏感肌を見極めるポイントは?

敏感肌だとは思うけど、私の肌って本当に敏感肌…?と悩んでいる人多いのではないでしょうか?

自分の肌ではあっても正確な肌質を見極めるのは難しいこと。そのため自分の肌質がわからないという人って意外に多いんです。

では敏感肌はじぶんでは見極めることができないのかというと、そんなことはありません。

チェックポイントを自分で見極めれば肌質をある程度理解できるんですよ。

敏感肌を見極める時に見たいポイントはこちら!

  • 肌がカサカサしがち
  • 赤みやかゆみが出る時もある
  • 化粧品で肌トラブルが出たことがある

まずすぐに見極めることができるポイントがこちら。

スキンケアをした後はうるおっているのに、数時間も経てばすぐにカサカサという場合は乾燥肌、または敏感肌の恐れがあります。

また敏感肌は化粧品によってトラブルが出ることが多く、化粧品を使った後にブツブツ・赤み・かゆみが出る場合も敏感肌の可能性が。

さらに敏感肌は刺激に弱いため、化粧品だけでなくほこりや紫外線によってもトラブルが出ることがあります。

肌トラブルが常にある人も敏感肌の可能性があるかもしれませんね。

自分の肌質が気になる人は、ショップで肌診断をしてもらうこともおすすめです。

肌診断では肌のうるおいや皮脂量などをチェックしてもらえるので、そこから肌質を見極めることができますよ。

筆者はこれまでに肌診断をしたことがなかったため、化粧品メーカーのアテニアのショップで肌診断をしてもらったことがあります。
診断自体は5分程度で終わりますが、それから数値を紙に記載したりしてもらうので所要時間は10~20分くらいでした。
肌に機械を当てるだけなので痛いこともありませんし、すぐに終わりますよ。

肌診断はしてもらえるところが限られているので、愛用している化粧品があればそのメーカーのショップに行ってしてもらうことがおすすめです。

ない場合はファンケルなどのショップでもしてもらえるようなので、店員さんに聞いてみましょう。

肌診断をしたらそのショップのおすすめ化粧品をプッシュされますが、買うのはちょっと…と思うのであれば断ってもOKです!

敏感肌が気を付けるべき生活習慣ってある?

敏感肌の人はまずは化粧品を慎重に選び、化粧品によって肌トラブルが出ないようにしなければなりません。

しかしそれでも何ともならない場合は、生活習慣も見直してみた方が良いかもしれません。

肌は化粧品によっても影響されますが、毎日の食事内容や生活習慣によっても大きく変わってきます。そのため生活習慣が乱れている人は、肌も弱りやすいんです。

だからといって敏感肌を諦める必要はなく、肌に悪影響を与える生活習慣を改めればOK!

では敏感肌が見直すべき生活習慣のポイントについて解説しましょう。

敏感肌さんはすぐに直そう!生活習慣の乱れをチェック

  • 野菜をあまり食べない
  • 魚が嫌い
  • 毎日肉を中心とした食事
  • 外食やコンビニ弁当、惣菜で済ますことが多い
  • 間食が多い
  • ストレスを溜めがち
  • 仕事が忙しく疲れがたまっている
  • 睡眠不足の時が多い
  • 眠りがいつも浅い

生活習慣の乱れって結構多いんです。現在社会人という人は、当てはまる点も多いのではないでしょうか?

ではそれぞれの項目を解説していきましょう。

食事

まず食事からですが、肌は食べたものから作られると言われるほど食事内容はとても大事。

健康的な肌を作り出すには野菜・魚・肉をバランスよく食べることが大切で、それぞれに健康的な肌を維持するための栄養素が含まれています。

特にビタミン類はきちんと摂っておきたいので、三つの中でも必ず野菜は毎日食べるようにしましょう。

どうしても野菜が嫌いな場合はサプリメントで摂取するようにすると良いですよ。

睡眠

そして睡眠についてですが、睡眠は健康的な体を維持し、毎日元気に動くために欠かせないものです。

また人の体は眠りについてから3時間の間が最も成長ホルモンが分泌されるようになっています。成長ホルモンは肌のターンオーバーには欠かせないものですし、健康的な肌作りにも貢献してくれます。

そのため眠りについてから3時間の間は、熟睡しておきたいところ。

ただ睡眠は色々な要因によって妨げられるので、以下のポイントを注意しましょう。

  • 寝室に光がない状態にする
  • 静かな空間を作る
  • ラベンダーなどのリラックス効果をもたらすアロマも効果的
  • 寝具を自分にとって快適なものに
  • 深夜0時には眠りにつくようにする

深い眠りにつくにはこれらの要件を満たす必要があります。

全てを揃えるのは難しいとしても、寝室を自分なりにリラックスできる空間にしておくことが大切!

リラックスできない空間では深い眠りにつくことができないので注意してくださいね。

また眠る時間ですが、これは睡眠の構造上、深夜0時までに眠る必要があるんです。

人は深夜0時~3時が最も眠りにつきやすく、3時以降は睡眠ホルモンの減少によって浅い眠りが続きます。

浅い眠りになるとどうしても深い眠りにつけませんので、0時~3時の3時間の間に深い眠りにつきましょう。

ストレス

ストレスは美肌に大敵ともいえる存在。

ストレスが溜まると精神的に負担をかけるだけでなく、血行を悪くしたり肌のターンオーバーを乱れさせたりと悪影響がかなりあります。

肌にとっても体にとっても悪い存在なんですね。

ストレスを溜めて良いことはまずありませんので、ストレスは定期的に発散することが大切。

社会人は一日でもストレスがかなり溜まることも多くありますので、休みの日は思い切り好きなことをして発散しましょう。

できることから実践してみて

敏感肌さんが気を付けたい生活習慣はいくつもあります。

さすがに全てを今日から始めることは無理なので、できることからやっていきましょう。

いくつか実践していけば肌にいい影響があるかもしれませんよ!