これって敏感肌が原因?赤ら顔の原因と改善方法

肌全体は白いのに、鼻や頬だけなぜか赤い…こんな悩みを持っていませんか?

一部分だけ不自然に赤い場合、それは赤ら顔と呼ばれる症状かもしれません。

寒さや体全体が温かくなった時も顔の一部が赤くなることがありますが、それは体が気温に慣れることによって徐々に解消されていきます。

しかし赤ら顔はいつまでたっても解消されず、ずっと赤いまま。

この気になる赤ら顔、なぜ出来てしまうのか。また解消する方法はあるのかについて紹介していきます。

赤ら顔になってしまう原因は?

鼻や頬などの一部の皮膚だけが赤くなってしまう赤ら顔。

なぜこの赤ら顔になってしまうのかですが、原因はいくつかあります。

気温の寒暖差やストレス・緊張などによる精神的ストレスによって一時的に赤くなることもありますが、皮膚の一部が長く赤いままになってしまうことも。

長く赤くなってしまう状態の場合、敏感肌が影響していることが考えられます。

敏感肌は肌の水分量・油分量が減少することによって肌のバリア機能が低下。それによって刺激を受けやすい肌質です。

この状態が続いていくことで肌はどんどん薄くなり、肌の厚みが減少します。

肌が薄くなってくると皮膚の下にある毛細血管が透けて見えるようになります。毛細血管は赤いため、皮膚の上から見れば当然赤く見えます。

これが赤ら顔の正体です。

敏感肌によって赤く見えるのは鼻や頬が多いのですが、鼻や頬には毛細血管が集中しているためです。

赤ら顔を改善する方法とは

敏感肌によって赤く見える状態は、その悩みを持っている本人にしかわかりません。

頬が赤くなるのであれば可愛く見えそうなものですが、鼻まで赤くなれば赤くなる部分が大きいためどうしても目立って気になりますよね。

ではこの赤ら顔、どうやって改善すべきなのでしょうか?

メイクの厚塗りはNG!

赤ら顔は赤くなる範囲が広いため、メイクでどうにかして隠そうと考える人も多いでしょう。

ただこの部分、敏感肌によって生じている場合はメイクの厚塗りはNG。

敏感肌は刺激に弱くなっている部分なので、メイクを厚塗りすることでトラブルが起きてしまいます。

また敏感肌の症状をさらに悪化させる一因でもあるため、メイクで隠すのは良くありません。

赤ら顔は根本から解決することを目指す!

赤ら顔をメイクで隠すことは良くありませんので、根本から解決することが大切です。

根本からとなると、敏感肌の状態を改善すること。敏感肌の改善には毎日のスキンケアが何よりも大事です。

敏感肌用の化粧水や乳液、クリームを使用して朝・晩の徹底ケアを行います。

保湿を何よりも重視すべきですが、肌のバリア機能を高めることも大切。バリア機能を高めることで肌を強くすることができますので、敏感な肌を健康的に導くのです。

セラミドが絶対に必要!セラミド配合のアイテムを選んで

最も重視すべきはセラミドです。セラミドは肌の角層を整える成分の一つなので、このセラミドが不足することで肌の乾燥を招き、敏感肌も生じさせます。

そのためスキンケアアイテムにはセラミドが含まれているものを選ぶようにしましょう。

セラミド以外にはヒアルロン酸やリピジュアといった高保湿効果が期待できるものを選びます。

化粧水の後はあれば美容液を追加し、その後はクリームで仕上げます。クリームには油分が含まれていて、油分が肌を守ってくれるので敏感肌のケアには必須と言えます。

スキンケアシリーズによっては乳液とクリームが用意されているものもありますので、その場合は乳液もクリームもどちらも使うようにしましょう。

赤ら顔を予防するにはどうすればいい?

症状がある程度改善で来たら、その後は赤ら顔を予防するためのケアを継続して行いましょう。

敏感肌が原因であれば敏感肌のケアを行っていきます。敏感肌を改善する場合は先ほど紹介したスキンケアを継続して行っていく必要があります。

セラミドを与えて肌の角層バランスを整え、たっぷりのうるおいを与えます。その後乳液とクリームでしっかりと肌に蓋をしてあげれば、うるおいを保つ肌ができあがるので乾燥の状態が改善されます。

この状態を長く続かせることで肌が少しずつ刺激に強い肌へと変わっていくため、化粧品や外的刺激によるトラブルも起きにくくなるでしょう。

栄養バランスや生活習慣の乱れも改善する

刺激に負けない健康的な肌を作り上げるには栄養バランスの整った食事を食べることも大切。

肉や脂っこいものに偏った食事は避け、できるだけ肉・魚・野菜をバランスよく食べるようにしましょう。

バランスよく食べることでそれぞれが持つ栄養素を摂取できるため、健康的な肌を作ることもできます。

そして生活習慣の乱れに関しても改善しましょう。

生活習慣の乱れといえば睡眠不足やストレスが挙げられます。

睡眠不足は美肌を阻害しますし、ストレスも同様です。どちらも健康的な肌や美肌には大敵となる存在なので、夜はしっかりと眠るようにして、ストレスは溜めないようにすることが大切です。

敏感肌による赤ら顔は改善を目指せる!スキンケアを見直そう

敏感肌による赤ら顔はスキンケア次第で改善を目指せます。

しっかりとしたスキンケアを行えば赤みだけでなく、敏感な状態も改善して健康的な肌になるでしょう。

改善するにはスキンケアも重要ですが、日常生活の乱れを正すことも大切。全てを実践するのは難しいかもしれませんが、できることから少しずつ始めていきましょう。

まずスキンケアはとても大切になりますので、スキンケアアイテムはすぐに敏感肌用のものに変えてください。

生活習慣の乱れは少しずつ治し、徐々に正しい生活を送るようにすれば、肌にも体にもいい変化が現れますよ。