敏感肌でも肌を美しく見せたい!どんなファンデーションがおすすめ?

敏感肌の肌質の人は、ニキビなどの肌トラブルや赤み、かゆみなどの症状が出やすい肌。

トラブルが出ていると肌状態もとても悪いため、すっぴんでは自信が持てない肌となります。自信が持てなければ誰にも会いたくないので一日中引きこもりたいところですが、学生や仕事をしている社会人となるとそうもいかないでしょう。

隠すとなるとファンデーションを使うこととなりますが、敏感肌の人はファンデーション選びも慎重に行う必要があります。

では敏感肌の人はファンデーションはどうやって選べばいいのでしょうか?

ここではファンデーションの選び方やおすすめのファンデーションについて詳しく解説していきます!

敏感肌のファンデーションはどうして慎重に選ぶ必要がある?

敏感肌の人はスキンケアアイテムだけでなく、ファンデーション選びも慎重に行う必要があります。

ではなぜ敏感肌だからといって慎重に選ぶ必要があるのか?その理由について紹介していきます。

敏感肌という肌質

敏感肌という肌質は、刺激に弱い肌となっています。

元々は乾燥から始まり、その状態が長く続くことによって肌のバリア機能が低下。肌を守る働きがなくなることで肌が直接刺激を受けるようになるため、些細な刺激でトラブルが起きるようになってしまいます。

この状態が敏感肌なのですが、刺激に受けやすい肌質ということで外的刺激だけでなく、化粧品によっても刺激を受けてしまいます。

化粧品は肌に直接つけるものなので、化粧品に刺激成分が含まれていることでトラブルが起きます。

これはスキンケアアイテムだけでなく、ファンデーションなどのベースメイクアイテムにしても同様です。

敏感肌は低刺激を重視して選ぶ

刺激を受けやすい肌である敏感肌に使うものは、低刺激であることが大前提となっています。

低刺激のものであれば肌トラブルを起こさずに使用できる可能性が高いため、肌につける全てのアイテムは刺激が低いものを選ぶようにしましょう。

とは言っても刺激が低いかどうかはアイテムを見るだけでは判別できません。

次から刺激が低いかどうかを見極めるポイントについて解説しましょう。

敏感肌におすすめのファンデーションを選ぶポイント

敏感肌の人はどんなファンデーションでも使ってOKということはありません。

ここでは敏感肌の人がファンデーション選びの時に見ておきたいポイントについて解説していきますので、ぜひ見てみてください。

最も重要!低刺激の作りになっているか?

ここまでに紹介してきた通り、敏感肌というのは刺激に弱い肌質です。スキンケアアイテムに低刺激性を求めるだけでなく、ファンデーションにも低刺激性を求めなくてはいけません。

低刺激かどうかを見極めるには、まずは敏感肌用と記載されているかどうか。敏感肌のために作られているものはパッケージのどこかに敏感肌という単語が記載されていますので、それをチェックしてみましょう。

記載されていない場合は成分一覧をチェックします。

気を付けておきたいのが石油系界面活性剤や合成保存料、合成ポリマー、合成シリコンなどです。これらは肌に刺激を与える恐れがあるため、極力含まれていないものを選びましょう。

ただこれらのものは成分一覧を見てもそう記載されているわけではありません。記載されているのは以下です↓

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • ジメチコン
  • セルロース
  • シロキサン
  • メチルパラベン
  • タルク

これはほんの一部ですが、肌にあまり良くない添加物です。ファンデーションに含まれていないかをチェックしておきましょう。

敏感肌を悪化させない!保湿成分は含まれているか?

敏感肌を悪化させないためには、朝・晩のスキンケアだけではケアが足りません。

日中も保湿ケアをしておくことで一日中肌にうるおいを与え続けることができるため、ファンデーションにも保湿ケア効果を求めておきたいところです。

最近のファンデーションには保湿成分が含まれているものが多くあります。どんな保湿成分が含まれているか、またどれくらいの量が含まれているかはそれぞれですが、なるべく多く含まれているものを選びましょう。

こちらも成分一覧をチェックしてください。

保湿成分にはヒアルロン酸やリピジュアなどの成分の他、セラミドや保湿効果のある植物エキスがあります。

そして成分一覧は多く含まれているものが一覧の先頭に来ますので、保湿成分が一覧の先の方に多くある物がおすすめです。

優しく落とす!洗顔料や石けんで落とせるか?

ファンデーションと言えばクレンジングで落とすものというイメージがありますが、実は洗顔料や石けんで落とせるファンデーションも増えてきているんです。

これは敏感肌のためのことを考えて作られたもの。

クレンジングはメイク料をしっかり落としてくれるので欠かせないものですが、クレンジングは種類によっては強い洗浄力があり、肌に大きな負担を与えます。

それからさらに洗顔をすることで肌に二重の刺激となってしまうため、敏感肌にはあまり良くないんです。

ファンデーションを洗顔料や石けんで落とせれば、一度顔を洗うだけで済むので肌への負担を大幅に減らすことができます。

洗顔料や石けんで落とせるかどうかはファンデーションに記載されています。よくわからない場合はそのファンデーションの公式サイトをチェックしてみればわかりますよ。

選ぶのは少し面倒…でも肌のことを考えて最良のファンデーションを!

敏感肌のファンデーション選びは、健康的な肌に比べてチェックポイントが多いため面倒な手間がたくさんあります。

しかし慎重に選ぶことで肌状態を悪化させることなく肌をキレイに作ることができるため、敏感肌のケアとしてもファンデーション選びは重要なんです。

この次からおすすめのファンデーションを紹介していきます。

ネット通販限定のものから市販のものまで幅広く紹介していくので、ぜひチェックしてみてください!

選ぶのに困っているならこちらをチェック!おすすめファンデーション一覧

ファンデーション選びに困っている人必見!ここでは敏感肌さんにおすすめしたいファンデーションを紹介していきます。

敏感肌×年齢サインが気になる

アヤナス リキッドファンデーション コンセントレート

  • 種類:リキッドファンデーション
  • 価格:5940円

敏感肌アイテムブランドのディセンシアから販売されているリキッドファンデーションです。

ヒアルロン酸や数種の植物エキスが配合されているだけでなく、ピュアラディアンスオイルとオーガニックリフトオイルの2種類の美容オイルを配合。

敏感な肌を守りながら油分も与え、さらにハリやツヤを瞬時に引き出してくれます。

高い密着性があるため、気になる年齢サインにピッタリ密着して目立ちにくくしてくれますよ。

ジメチコンやタルクと言った添加物が入っていることが気になりますので、初めて使う時は肌の様子を見ながら使っていきましょう。

敏感肌×肌への優しさが気になる

エトヴォス ディアミネラルファンデーション

  • 種類:パウダーファンデーション
  • 価格:3000円

全てのアイテムに天然成分をふんだんに使っているエトヴォスから販売されているファンデーションです。

こちらは天然成分100%のファンデーションで、防腐剤やタルク、シリコンなどの添加物を含んでいません。

ミネラル成分だけで作られているから肌にとても優しく、つけたまま眠れるほどとも言われているので敏感肌にはピッタリのファンデーションです。

パウダーの軽い付け心地なので、リキッドやクリームのような重たさを感じることもないでしょう。

カバー力が優れているわけではないので、シミやくすみなど濃いトラブルがある場合はコンシーラーを併用した方が良いですよ。

敏感肌×付け心地が軽いものが良い

ビーグレン ヌーディヴェール

  • 種類:クリームタイプの化粧下地
  • 価格:5076円

サイエンスコスメのビーグレンの化粧下地です。UVカット効果も含まれています。

クリームタイプだから肌への密着度が高いですが、ヌーディヴェールはさらに密着度を高めるためにストレッチヴェール効果を採用しています。

長く肌に密着してくれる分、化粧の崩れにくさも実現しているので暑い時期の化粧下地としてもおすすめ。

保湿成分もしっかり配合されていますし、クリームタイプなのに空気をまとっているかのような軽い使用感も実現。

重たさを感じないのに肌はしっかり綺麗になれるでしょう。

ジメチコンやメチルパラベンなどが配合されているのが少々気になるところ。こちらも肌の様子を見ながら使っていきましょう。

敏感肌×美容成分たっぷりのものが良い

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

  • 種類:リキッドファンデーション
  • 価格:4216円

含まれている美容成分がとにかく多いと話題のファンデーションです。

ファンデーションには62%の美容成分が含まれていて、その内容はヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタエキスなど。

そのほかにも植物エキスが豊富に配合されているため、日中の美肌ケアとして高い効果を得ることができるでしょう。

実際に使った人からの口コミ評価が非常に良く、リピーターも多いため美肌ケアのファンデーションとしてはこちらが最もおすすめです。

ただカバー力の面ではあまり期待できないので、濃いシミなどの隠れにくいトラブルがある人には向きません。

敏感肌×添加物完全フリーのものが良い

リソウ リペアリキッドファンデーション

  • 種類:リキッドファンデーション
  • 価格:5524円

天然由来の基礎化粧品を多く作り出しているリソウコーポレーションのファンデーションです。

こちらは先ほど紹介したエトヴォスのファンデーション同様、肌に刺激を与える恐れのある添加物を一切含んでいない天然由来成分にこだわったものとなっています。

エトヴォスファンデーションとの違いは、こちらにはミネラル成分以外に保湿などに働きかける美容成分がたっぷりと含まれていること。

パウダーファンデーションのような軽さは実現できませんが、肌にピッタリと密着して日中の美肌ケアを行ってくれますよ。

市販のプチプラファンデはどう?よく見るブランドを徹底リサーチ!

ここまでに紹介してきたファンデーションは取り扱い店舗がとても少ないものや、ネット通販限定のものとなっています。

肌のことを考えるとここまでに紹介してきたファンデーションがおすすめなのですが、すぐに手元に届かないことや価格のことを考えると手が出せない…という人もいるでしょう。

そんな人が購入しやすい市販のプチプラブランドのファンデーションについてもリサーチしてみました。

ちふれ

  • 種類:クリームファンデーション
  • 価格:800円

こちらはちふれのBBクリーム。BBなので化粧下地からファンデーションまでの効果が含まれているため、これ一本でベースメイクが完成します。

ヒアルロン酸やトレハロースといった保湿成分が含まれているので、保湿ケアをお任せできますね。

UVカット効果が含まれていますが、刺激が心配な紫外線吸収剤は含まれておらず、合成香料も含まれていません。

ジメチコンやメチルパラベンが数種類含まれているのが少し気になる点です。ただ添加物の量が極端に多いということもありませんので、刺激が強いファンデーションというわけではなさそうです。

  • 種類:パウダーファンデーション
  • 価格:800円

こちらはちふれのパウダーファンデーション。

モイスチャータイプという名前の通り、しっとりとした肌を実現してくれます。

ただヒアルロン酸などの保湿成分は含まれておらず、クロスポリマーなどのシリコン素材でしっとり感を実現しているというのが少し気になりました。

またジメチコンやメチルパラベンなども含まれているので、ちふれシリーズで選ぶならBBクリームの方が敏感肌には良いのではないでしょうか。

キャンメイク

  • 種類:クリームファンデーション
  • 価格:800円

可愛いメイクアイテムを豊富にそろえているキャンメイクのファンデーションです。

こちらのファンデーションの最大の特徴は、価格が安いのに美容成分が贅沢に配合されていること。

ヒアルロン酸を始め、アルブチン・コラーゲン・セラミドなど21種類の美容成分を配合しているので、メイクをすることで高い美肌ケアもできてしまいます。

もちろんBBクリームだからこれ一つでベースメイクが完成。

ジメチコンやクロスポリマーなどが配合されていますが、さほど量は多くないと思います。それよりもコスパに優れていて高い美肌効果を得られるというメリットの方が大きいですよ。

  • 種類:パウダーファンデーション
  • 価格:950円

こちらはキャンメイクのパウダータイプのファンデ。軽い付け心地でふわふわの肌を実現してくれます。

保湿成分として数種類の植物エキス、さらに植物由来のオイルも配合されているから、油分不足のお肌もツヤのある状態にしてくれます。

パウダーでもカバー力があるため、隠れにくいトラブルもこれ一つで目立ちにくくすることができるでしょう。

こちらもジメチコンなどが含まれていますが、配合量は恐らく多いというほどではないと思います。

セザンヌ

  • 種類:クリームファンデーション
  • 価格:580円

プチプラで30代以上の大人女性にもおすすめできるシンプルなデザインのセザンヌのファンデです。

美容成分80%を配合、ヒアルロン酸やコラーゲンと言った保湿成分が日中の乾燥を防いでしっとり肌を保ちます。

これ一本でベースメイクが仕上がるから簡単に肌を美しくできるのも嬉しいポイント。

さらにこちらのBBクリームは洗顔料でも落とせるタイプとなっているので、プチプラ・保湿に加えて肌に優しいという最大の魅力が詰まったファンデなんです。

ジメチコンやアルコールが含まれていますが、さほど量は多くないようです。

  • 種類:パウダーファンデーション
  • 価格:800円

こちらはセザンヌのパウダーファンデーション。

ふんわり肌を実現するためにクロスポリマーやジメチコンが配合されています。

水溶性コラーゲンなどの美容成分も配合されていますが、配合量は少なめ。高い保湿効果は実感できないかもしれません。

プチプラブランドでおすすめなのは?

ちふれ・キャンメイク・セザンヌのBBクリームとパウダーファンデーションについて紹介してきましたが、いかがですか?

いずれもドラッグストアなどでよく見かけるブランドなので、買いに行こうと思えばすぐに入手できるのが嬉しいですよね。

6つのファンデーションを調べてみて、BBクリームはセザンヌ、パウダーはキャンメイクがおすすめだと思いました。

BBクリームとパウダーはそれぞれ使用感と仕上がりが異なりますので、好みのファンデーションを選んでみてくださいね。

もちろんプチプラファンデの前に紹介したアヤナスやエトヴォスのファンデーションもとてもおすすめなので、気になるファンデーションを見つけて、敏感肌を労わりながらメイクを楽しんでください!