敏感肌なのにニキビが多発!?ニキビの原因を徹底解明

敏感肌でニキビがたくさんできてしまう…こんなお悩みを持っていませんか?

ニキビケアの化粧品はたくさんあるけど、敏感肌だからどんな化粧品も使えるとは限りません。

もしかしたらニキビケア成分が肌に合わない可能性もあるため、迂闊に化粧品を変えられないのが敏感肌の悲しいところです。

では敏感肌でニキビができたらどうすればいいのか?

ここでは敏感肌のニキビケアについて詳しく解説していきます!

敏感肌にニキビができる原因

まずは敏感肌でなぜニキビができるのかについて見ていきましょう。

いくつかの原因があるので、自分の肌質と見比べてどのニキビができてしまいやすいのかをチェックしてみてください。

複数の原因によって起きる肌への刺激

敏感肌というのは肌のバリア機能が低下していることによって、肌が通常より刺激を受けやすくなっている状態。

通常の肌はいろいろな刺激から肌を守ることで健康的な肌をキープしていますが、刺激を受けやすい肌は複数の原因が与える刺激によってニキビが発生しているのかもしれません。

複数の原因に挙げられるのがコチラ↓

  • 化粧水や乳液など肌をケアするスキンケアアイテム
  • 洗顔などの際に使う熱いお湯
  • 衣服やタオルなど肌に当たる衣類
  • ホコリや紫外線と言った至る所にある外的刺激

大きく分類しましたが、それぞれを細かく見ていくとかなりの数となります。

つまりそれだけ肌に刺激を与える恐れのある原因が多いということ。

肌質は人それぞれなので、全ての刺激が必ずしも害になるわけではありません。しかしいずれかの原因によって肌に刺激が加わることがニキビの原因となってしまうため、これは注意しておきたいところです。

なぜ刺激によってニキビができるのか?

何らかの原因による刺激=ニキビの発生というわけではありません。

何らかの原因による刺激はまず肌にダメージを与えます。ダメージが加わると赤みやかゆみと言った症状が引き起こされますが、これとは別に肌の乾燥も招きます。

肌が乾燥すると…

  • 肌自体が硬くなる
  • 毛穴が開きやすくなる

などのことが起きますが、毛穴が大きく開いているとそれだけ毛穴に汚れが溜まりやすくなります。

肌が硬いと毛穴も閉じにくくなるため、毛穴に大量の汚れが蓄積して角栓となり、そしてニキビへと悪化していくんです。

刺激を受けたらすぐにニキビができるというわけではありませんが、刺激を受けることによっていずれニキビの発生に繋がる恐れがあると思っておきましょう。

皮脂によるニキビ

敏感肌というのは多くが乾燥からくるものです。

乾燥は肌の水分量・油分量がともに減少している状態ですが、どちらも不足することによって肌は肌を守るために皮脂を多めに出そうとします。

適量の皮脂を出すだけならいいのですが、肌の乾燥によって皮脂が出る時は大量に皮脂を出してしまいます。

そのため乾燥しているはずなのにギトギトという隠れ乾燥肌になってしまうんです。

この状態をインナードライというのですが、本来は乾燥しているのに肌の防衛本能によって皮脂が大量の状態に見えることを言います。

肌質はそもそも乾燥ですが、皮脂が大量に出ていることから毛穴に皮脂が溜まり、その皮脂をエサに毛穴の中のアクネ菌が繁殖してニキビの発生へと繋がるのです。

洗顔不足によるニキビ

敏感肌は洗顔によっても刺激を受けることがあります。

熱いお湯や洗顔料の種類によって刺激を受けてしまうのですが、洗顔料で刺激を受けてしまうほど敏感肌の症状がひどければ、普段から洗顔料を使っていない人も多いのではないでしょうか?

洗顔料を使わないとなると水洗顔となりますが、水洗顔では毛穴の中の汚れまでは落とせません。

毛穴の中の汚れを落とせずにそのまま蓄積すると角栓となり、ニキビへと悪化してしまいます。

敏感肌×ニキビの洗顔方法

敏感肌でニキビに悩んでいる人は毎日のケアに特に気を遣う必要があります。

まずは毎日誰もが行う洗顔から見ていきましょう。

敏感肌×ニキビの洗顔は洗顔料を重視!

敏感肌の刺激となる要因の一つでもある洗顔料。

洗顔料には肌の汚れや毛穴の中の角栓を落とすための洗浄成分が含まれています。

この洗浄成分は成分によって肌への刺激が強いものがあります。敏感肌に強い洗浄成分はNGなので、肌に優しい洗浄成分が含まれているものを選びましょう。

洗浄成分としておすすめなのが泥、アミノ酸などの成分。

これらは肌に優しい成分と言われているため、敏感肌に刺激を与える恐れが少なくなっています。

そのほかにもオーガニック成分などもおすすめです。

また洗顔料をしっかりと泡立てることができるかも見ておきたいポイント。

弾力のある泡は肌と指の間のクッション代わりにもなるため、指による摩擦を防ぐことができます。

たっぷりの泡が作れるかどうかは口コミサイトが頼りになりますので、気になる洗顔料が見つかったら口コミをチェックしてみましょう。

洗顔の基本はぬるま湯で

気になる洗顔料を見つけたら、実際に洗顔をします。この洗顔の時に必ず覚えておきたいのがぬるま湯で洗顔をすること。

お湯の温度によって肌への刺激などが異なります。

冷たい水は肌を引き締めることができますが、汚れも皮脂も完全には落すことができません。

逆に熱いお湯は皮脂をしっかりと落とす事ができますが、肌に負担がかかるため敏感肌にはおすすめできません。

冷たい水・熱いお湯ではどちらもデメリットがありますので、ぬるま湯で洗うことが最も良いのです。

ぬるま湯は肌に刺激を与えることはありませんし、皮脂を落とし過ぎることもないので肌の乾燥も予防できます。

大体33℃くらいのぬるま湯がおすすめとなっているので、実際に手で触ってみて、ぬるいと思えるくらいのお湯で洗顔をするようにしましょう。

洗顔が終わったら柔らかなタオルで優しく拭き取る

洗顔が終わった後は清潔で柔らかなタオルで水分を拭き取ります。

使用するタオルは清潔で柔らかなタオルがおすすめ。硬い素材だと肌に刺激が加わりますし、清潔でないものはタオルに付着した菌が肌につき、ニキビの原因になる恐れがあるからです。

タオルで拭き取る時はタオルを肌に優しく当てて、タオルに水分を吸収させてください。

ゴシゴシと拭き取ると肌にダメージが加わるためNG。優しく肌にあてることが大切ですよ。

敏感肌×ニキビの化粧水

敏感肌でニキビができている時は化粧水でのケアが必須。

ニキビケア成分が含まれているものを使えばニキビを効率よく治すことができるため、ニキビができているときにピッタリです。

ただ敏感肌は化粧水に含まれる成分にも注目しておきたいので、どんな化粧水を選ぶべきかをチェックしてみましょう。

敏感肌×ニキビ肌は肌に優しい化粧水を

敏感肌でニキビができている時は肌に優しい化粧水を使用する必要があります。

肌に刺激を加える成分が含まれていると、肌全体に刺激を与えるどころかニキビにも刺激を与え、ニキビが悪化してしまう恐れがあるからです。

ではどんなものを選ぶべきかというと、まず第一に注目したいのが添加物が極力含まれていないこと。

添加物とは防腐剤や界面活性剤、合成香料などのものです。

化粧水の使いやすさを実現するために添加物を入れていますが、敏感肌にはデメリットの多い成分。

そのため添加物があまり含まれていない無添加処方のものが良いでしょう。

また化粧水はニキビケアが目的だとしても、第一の目的は保湿です。

そのため保湿成分も肌に優しいものを選ぶようにしてください。保湿成分で刺激が強いものはあまりありませんが、安心なのが植物成分などです。

植物成分は植物アレルギーがある場合を除いて、肌への負担が少なくなっているので刺激を与えることなく肌にうるおいを与えられますよ。

敏感肌ブランドのものが安心

肌に優しい成分が含まれていることが大事だとわかっても、どれが肌に優しいのか、どれが刺激に強いのかを見極めることは大変。

成分を一つずつチェックすることなく安心して使いたいなら、敏感肌シリーズを出しているブランドがおすすめです。

ビーグレンやエトヴォス、ノブシリーズなどですね。

これらのシリーズは敏感肌用の化粧品も出しています。シリーズの中にはニキビケアを目的としたシリーズもありますので、ブランドすべてをチェックしてニキビケアシリーズを見つけましょう。

上記3つのシリーズのニキビケアセットを見てみたいなら↓からチェックしてみてください。

ビーグレン ニキビケアシリーズ

エトヴォス ニキビケアシリーズ

ノブ ニキビケアシリーズ

敏感肌×ニキビのスキンケア

敏感肌×ニキビ肌は化粧水でのケアがとても大切ですが、その他にも乳液やクリームでの仕上げも必須。

それ以外に美容液も使うのであれば化粧水同様、肌に刺激を与えないものかどうかを確かめる必要があります。

またスキンケアの方法も気を付けておきたいので、スキンケアの方法についても紹介します。

敏感肌は乳液&クリームが必須!

敏感肌は元々が乾燥していることが多いため、乳液やクリームが必須です。

乳液やクリームには油分が含まれており、減少した皮脂量を補うことができるんです。

肌に油分を与えることでバリア機能が働き、肌を刺激から守ることができます。また肌表面に油分があることで肌内部の水分を逃がさずに留めて置けるので、乾燥予防もできます。

乾燥しがちな肌には油分が必須となりますので、スキンケアの仕上げには必ず乳液かクリームを使用してください。

ただ敏感肌というだけなら乳液とクリームを併用することがおすすめですが、ニキビができている時は乳液かクリームのどちらかを使うことがおすすめ。

ニキビができている肌に余分に油分を与えてしまうとニキビが悪化してしまいます。

乳液とクリームのどちらにも油分が含まれているため、過剰な油分摂取を避けるためにもどちらか一つだけ使いましょう。

乳液よりクリームの方が油分がおおいため、肌の状態によってどちらを使うかを決めてくださいね。

美容液はあればで構わない

美容液は保湿や美白などの効果を持つ美容成分がたっぷりと含まれているアイテムです。

スキンケアシリーズの中には美容液が含まれているものもありますので、シリーズで使うのであれば美容液を使うことがおすすめ。

しかしシリーズの中に美容液が含まれていないなら美容液を無理に使う必要はありません。

特にニキビができている時はいろいろな成分を与えることで肌に負担となってしまう恐れがあるため、必ずしも美容液をスキンケアに使わなくても大丈夫です。

スキンケアの手順

敏感肌×ニキビ肌におすすめのスキンケアアイテムがわかったら、次はスキンケアの手順を確認しましょう。

スキンケアの手順は基本的にすべて一緒です。化粧水・美容液・乳液・クリーム全て手順は一緒なので、まずは手順を確認しましょう。

  1. 手のひらに適量を出す
  2. 両手のひら全体に伸ばす
  3. 両手を合わせて温める
  4. 肌全体に軽く馴染ませる
  5. 肌に両手をぴったりつけて、肌の奥へと押し込んでいく

それぞれのアイテムの異なる点は、仕上げの肌触りが異なること。

化粧水は肌に指が吸いついたらケアが完了、乳液とクリームは肌のべたつきがなくなったらケアが完了です。

それぞれのアイテムはしっかりと浸透させなければ意味がありません。

そのため5の手順の肌の奥へと押し込んでいく過程は必ず行ってください。ハンドプレスをしっかり行うことでスキンケアアイテムの効果を肌にたっぷり与えられますので、保湿やニキビへの効果を存分に発揮させるためにも手間をかけてケアしてあげてくださいね。

敏感肌×ニキビにパックはOK?

敏感肌×ニキビ肌にパックは使ってもいいの?と気になっている人も多いでしょう。

パックはたくさんの種類があり、敏感肌用のものもあればニキビ肌用のものもあります。

敏感肌用は肌に刺激を与えずに保湿成分などの美容成分がシートにたっぷりと染み込んでいるもの。ニキビ肌用のものは炎症をケアする成分や殺菌に働く成分などが含まれているものです。

敏感肌×ニキビ肌のどちらのケアも叶えてくれるパックを探すのは難しいですが、見つからない時は敏感肌用のパックがおすすめ。

まずニキビは乾燥などによってできる可能性が高いことから、肌にうるおいを与えるケアが必須です。うるおいをたっぷりと与え続けることでニキビの悪化予防にも繋がりますので、うるおいケアを重視した敏感肌用のパックは最適なんです。

逆に敏感な状態でニキビケアのパックは少し危険。

なぜならニキビケアのための成分が肌に刺激を与える可能性があるからです。ニキビが治ったとしても肌全体の敏感肌の症状がひどくなっては意味がありませんので、敏感肌のケアを優先した方が良いでしょう。

敏感肌×ニキビにニキビの薬は使っても大丈夫?

敏感肌×ニキビ肌はケアが少し難しいですが、ニキビケアには薬もあります。

薬を使えばニキビを早めに治せる可能性が高まりますが、敏感肌にニキビ用の薬は大丈夫なのでしょうか?

薬はニキビの部分だけ!

ニキビケア用の薬のほとんどは抗炎症成分・殺菌成分が含まれています。

これはニキビの炎症を鎮めて、ニキビの原因菌を殺菌するというもの。つまりニキビの悪化を食い止め、さらに炎症を起こしたニキビを治療して治癒を早めるというものなんです。

この薬を使う時は綿棒などを使ってニキビがある部分にだけ塗布しましょう。

抗炎症成分や殺菌成分は敏感肌によっては刺激となる可能性が高くなります。そのためニキビがない部分に薬がつかないよう、綿棒でニキビ部分に優しく薬を塗ってあげてくださいね。

敏感肌でニキビができている時のファンデーション

敏感肌×ニキビ肌にとって毎日のメイクはとても大変。

敏感肌であることで使えるファンデーションは限られますが、だからといってニキビを上手に隠すためのカバー力も外せません。

どちらも叶えてくれるファンデーションはあるのか、また敏感肌でニキビがある時はどんなファンデーションを使えばいいのか見ていきましょう。

敏感肌におすすめなのが肌負担が少ないファンデーション

ここまでに紹介してきたように、敏感肌は肌に負担が少ないものを使う必要があります。

化粧水などのスキンケアアイテムはもちろんですが、女性が毎日行うメイクに関しても同じです。

特にベースメイクは肌全体に乗せるものなので、敏感肌への負担を避けるためにCCクリームやパウダーファンデーションを使うことがおすすめ。

BBクリームはカバー力があるためニキビ隠しには良いのですが、肌に乗せると重たさを感じるものも多くありますので、敏感肌にはおすすめできません。

CCクリームやパウダーファンデーションは軽い付け心地を実現しているものや保湿成分が含まれているものも多くありますので、そういったものを使うようにしましょう。

メイクは半日近く肌に乗せたままにしておくので、保湿成分がたっぷり含まれていれば日中の乾燥ケアもできて便利ですよ。

ニキビ肌も肌負担が少ないものが○

ニキビができている時はどうにかして隠したいのでカバー力を重視するかと思いますが、カバー力が高いものは肌負担も重たいものが多くなっています。

肌負担が重くなるとニキビの悪化にもつながりますので、隠したい一心でカバー力の高いものを使うといつまでたってもニキビが治らないなんてことに。

それどころかニキビが悪化して痛みや腫れを伴う赤ニキビになってしまうかもしれませんので、ニキビ肌にも肌負担が少ないものがおすすめです。

ニキビにコンシーラーはOK?

肌負担が少ないものの多くはカバー力が低めとなっているので、上手くニキビを隠すことができません。

小さ目のニキビであればいいのですが、顔の目立つ部分に赤く腫れあがったニキビができているとどうしても気になります。

でもカバー力の高いファンデーションは使えない…そこで思い浮かぶのがコンシーラー。

コンシーラーは部分的なトラブルを隠すのに適していますが、コンシーラーもトラブル部分にピッタリ密着することから、ニキビの悪化につながる恐れがあります。

そのためニキビ部分にコンシーラーはおすすめできません。

化粧品で隠すのではなく、治すことを第一に考えよう

ニキビができている時はどうにかして隠したいもの。ニキビは誰にでもできるものですが、目立つ場所に大きなニキビができれば、やはり見られたくないですよね。

ですがどうにかして隠そうとするとそれが原因でニキビが悪化します。悪化したニキビは治癒に時間がかかりますし、ひどくなるとニキビ跡にもなりかねません。

ですのでニキビができたと思ったらニキビに適したスキンケアやニキビ薬を使って早めに治すことを第一に考えましょう。

肌に合う化粧品で負担をかけずにニキビを撃退!

敏感肌な上にニキビまで出来てしまうとスキンケアにとても苦労します。

どんな化粧品でも使える肌質ではないためニキビケア化粧品で使えないものも多くありますし、かといってニキビケア成分が含まれていないものでケアしてもニキビの治りを早めることができないからです。

ニキビができないように日頃からしっかりとケアしておきたいところですが、敏感肌は化粧品を選ぶことからそうもいきません。

ですので敏感肌でニキビができやすい人は、日ごろから敏感肌×ニキビ肌におすすめのスキンケア化粧品でケアするようにしましょう。

それでもニキビができてしまう時はニキビ薬を併用して、肌に負担をかけないようにニキビを治してあげてくださいね。