春に肌がかゆくなる!これって原因は?どうやって改善する?

寒い時期からようやく暖かくなる時期。この頃は気温も少しずつ上がり始めるので、ようやく過ごしやすくなってきますよね。

生活がしやすくなる一方で、急に来る肌トラブル。

花粉症の人はくしゃみなどの症状が特に出やすいですが、肌トラブルとしてかゆみが強くなるという人も。

なぜ暖かくなってくると肌がかゆくなるのか?ここでは春になると肌がかゆくなる原因や、その対策方法について解説していきます!

春に肌がかゆくなる原因は?

いつもはなんてことない健康的な肌なのに、なぜか春になると肌がかゆくなる…これってどうして?と疑問を持っている人はとても多いと思います。

ここでは肌がかゆくなる原因となるものについて解説していきましょう。

花粉

春は花粉が飛散し始める時期です。早ければ3月ごろから飛び始めるため、この頃からくしゃみ・目のかゆみ・のどの痛みなどの症状を訴える人も多くなります。

花粉症の症状は体の症状が主ですが、実はこの花粉、肌にも何らかの影響を及ぼしてしまうんです。

まず花粉症というのは、花粉に対するアレルギー症状だとされています。アレルギー物質が鼻や口から体内に入ることによって体内にヒスタミンという物質が発生し、このヒスタミンが様々な症状を引き起こすといわれています。

体内に入ることによって起こる症状は先ほど紹介したくしゃみなどですが、アレルギー物質は体内に入るだけでなく、肌にも付着します。

花粉アレルギーがあると、肌にも刺激を与えてしまう恐れがあります。またアレルギーでなくても花粉が刺激物質となり、肌にかゆみや赤みと言ったトラブルが出てしまう事もあるんです。

乾燥

暖かくなってくると少しずつ湿度も上がってきますので、乾燥している空気も和らいでいきます。

しかし温かくなるすこし前は、空気が乾燥している寒い時期が長く続いています。冬になる前は特に問題のなかった肌も、長期間乾燥した空気にさらされることでどんどん肌が乾燥傾向に。

入念な保湿ケアを行っておけば問題はないものの、保湿ケアが足りなければ乾燥は徐々に悪化して敏感肌になる可能性があるんです。

敏感肌になってしまって暖かい時期を迎えると、今度は花粉によってトラブルが起きる恐れがあります。

花粉は目に見えないもののあちこちに飛散しているので、外にでれば確実に肌に付着します。その花粉が肌に刺激を与えることでトラブルが発生してしまうんです。

ダニ

寒い時期は湿度も気温も低いため、虫が出にくい時期です。目に見えない小さなダニもそうで、湿度が低ければ発生しにくくなっているようです。

ただ春になって湿度が上がり、気温も上がってくると人は過ごしやすい状況になります。ダニも同じで、人が過ごしやすい気温・湿度はダニにとっても生息しやすい環境なんです。

そのため春頃からダニは少しずつ増えてくる可能性があります。先ほど紹介した冬の間に敏感肌になってしまった人は要注意。布団などにダニが付着していると、その布団から肌にダニが移り、トラブルが起きる恐れがあるんです。

紫外線

紫外線は一年中地上に降り注いでいるものです。特に夏場にかけて紫外線量は増えるため、夏は日焼け止めを塗るなどの紫外線対策が必須となっていますよね。

冬は一年の中で特に紫外線量が少ないですし、露出する肌の部分が少ないことから紫外線対策をする人はほとんどいないと思います。

その状態から暖かくなっても、いつ頃から紫外線対策をすればいいのかわかりませんよね。

紫外線対策を早めに始めていれば紫外線をカットすることができますが、遅くなると紫外線を直に肌が受けてしまい、それによってシミやくすみができてしまうトラブルが。さらに紫外線は肌にダメージを与えるため、乾燥状態も引き起こしてしまいます。

紫外線による影響はこれだけではありません。冬の間に肌が乾燥して敏感肌になってしまい、それから紫外線が少しずつ増えてくると、紫外線ダメージを肌が受けてそれがトラブルを引き起こすかもしれません。

ダメージによるものはかゆみや赤みといったものも起こるため、紫外線ダメージを予防するには早めの紫外線対策が必須となってくるんです。

まずは肌を強くしよう

肌がかゆくなる原因をいくつか紹介してきましたが、どれが自分のかゆみに繋がっているかを特定するのは難しいこと。そのため原因を改善することは難しいかもしれません。

ですがどの原因であっても、肌を強く、健康的に整えればかゆみを防げる可能性が高まります。そのためかゆみの原因を突き止めるのではなく、肌を強くすることを考えていきましょう。

ここでは肌を強くするためにできることについて解説していきます。

乾燥・敏感肌でも使える化粧品に切り替える

まず肌が何らかの原因によってダメージを受けている時は、敏感肌になっている可能性を考えます。敏感肌になると些細な刺激によって肌がダメージを受け、かゆみ・赤み・ニキビといったさまざまなトラブルを引き起こします。そのため乾燥・敏感肌の状態を改善していきましょう。

乾燥・敏感肌はどんな化粧品でも問題なく使える肌質ではありません。実際にどちらかの肌質の人は分かるかと思いますが、ドラッグストアなどで販売されている安価な化粧品を使うと、肌がボロボロになってしまう恐れがあります。

健康的な肌にとっては問題のない成分が、乾燥・敏感肌にとっては大きな影響をもたらす恐れがあるんですね。

敏感肌がなぜ刺激を受けやすいのかを詳しく知りたい人はコチラをチェック↓

敏感肌はなぜ刺激を受けやすいのか?敏感肌について徹底解説!

乾燥・敏感肌の人は使う化粧品を慎重に選ばなければなりません。安価ですぐに入手できるものはとても魅力的出すが、それを使ってトラブルが出ては意味がありませんよね。また保湿力が足りなければ乾燥・敏感肌の改善には至りませんので、しっかりと保湿をしてくれること・肌に刺激を与えないことを重視して化粧品を選ぶ必要があります。

当サイトでは乾燥・敏感肌の人におすすめの化粧品をいくつか紹介しています。

価格が安いものから高いものまで紹介していますので、長く使える価格帯のものをえらびましょう。

敏感肌におすすめ!オルビスアクアフォースの効果は?口コミや最安値で買う方法も!

敏感肌におすすめ!ヒフミドシリーズの効果は?口コミや最安値で購入できるところもご紹介!

敏感肌におすすめ!ライスフォースの効果は?口コミや最安値で買う方法も!

敏感肌におすすめ!ディセンシア アヤナスの効果は?口コミや最安値で買う方法も!

上から価格帯が安いものとなっているので、ぜひ見てみてくださいね。

肌に刺激を与えない化粧品の使い方

自分の肌に合う化粧品を見つけたら、次は化粧品の使い方についても見ていきましょう。化粧品の使い方は人それぞれだと思いますが、乾燥・敏感肌の人は肌にダメージを与えないケア方法を実践することが大切。

ケアの時にダメージを与えてしまうと、せっかくの良い化粧品も無駄になります。ですので肌に優しいケア方法を覚え、肌にダメージを与えずにうるおいを与えていきましょう。

ここでは化粧水・乳液・クリームの使い方について解説します。

化粧水

まずは化粧水からです。化粧水は洗顔後、肌の水分をタオルで吸い取ってから一番初めに使う基礎化粧品です。

  1. 手のひらに化粧水適量を出す
  2. 両手のひら全体に伸ばす
  3. 両手を合わせて化粧水を温める
  4. 肌全体に馴染ませる
  5. 手のひらを肌にあてて、奥へと押し込んでいく
  6. 指が肌に吸いつくようになったら完了

乳液

次に乳液です。乳液は化粧水を完全に馴染ませた後に使います。もし美容液を使うなら、化粧水→美容液→乳液の順で使いましょう。

  1. 手のひらに乳液適量を出す
  2. 両手のひら全体に伸ばす
  3. 両手を合わせて乳液を温める
  4. 肌全体に馴染ませる
  5. 手のひらを肌にあてて、奥へと押し込んでいく
  6. 乳液のベタつきが肌からなくなったら完了

クリーム

次にクリームですが、クリームは乳液と同じ手順です。完了のサインもクリームのベタつきがなくなったらOKなので、乳液の手順で使っていきましょう。

季節に合わせて基礎化粧品を変える

乾燥・敏感肌は水分量・油分量が共に不足している肌質なので、基本は化粧水→乳液→クリームの順でケアしていきます。

しかし夏などの暑い時期はこの三つを使ってしまうとベタつきがひどくなり、過剰皮脂によるニキビができしまう恐れがあります。

暑い時期でクリームまで使うとベタベタし過ぎる…という場合は、化粧水→乳液でケアしましょう。

寒くなってきたらまたクリームを追加してくださいね。

メイクアイテムもチェック!

肌を強くするならメイクアイテムにも気を遣いましょう。女性の大半はほぼ毎日メイクをすると思います。メイクは長ければ半日ほど乗せたままとなるので、メイクアイテムも刺激の少ないもの、そして肌負担が少ないものをえらぶ必要があるんです。

メイクアイテムで特に気を遣いたいのがファンデーションです。ファンデーションはベースメイクと呼ばれるもので、メイクアイテムの中で唯一肌に全体に乗せます。肌全体に乗せることから肌全体に負担がかかってしまうんです。

肌負担が大きくなると肌はどうしてもダメージを受けてしまい、それから敏感肌になる恐れがあります。また元々乾燥・敏感肌の人は肌負担が大きいものをえらぶと、それが原因でトラブルが出てしまう事も。

そのためメイクアイテムも肌に優しいものをえらびましょう。肌に優しいものはパウダーファンデーション、またはCCクリームがおすすめです。乾燥・敏感肌は日中に乾燥しやすいので、保湿成分が含まれているものを使うことがおすすめですよ。

乾燥・敏感肌におすすめのファンデーションを知りたい人はコチラをチェック↓

敏感肌でも肌を美しく見せたい!どんなファンデーションがおすすめ?

肌につく衣類にも気配りを

人は誰でも毎日衣服を着ます。衣服は着た後に洗濯しますが、洗濯の際に使う洗剤・柔軟剤にも気を配りましょう。

乾燥・敏感肌の人の中には、洗剤か柔軟剤が原因で肌トラブルが起きる人もいます。どちらも洗浄成分や合成香料などが含まれていることから肌に刺激を与える恐れが高いため、現在使っている洗剤・柔軟剤も見直してみましょう。

何が刺激成分なのかわからないという人は、赤ちゃん用の衣類に使えると表記されている洗剤や柔軟剤がおすすめです。

赤ちゃんの肌は大人の肌よりもとてもデリケート。そんな柔らかな肌に使うものなので、ベビー用は刺激成分を極力抑えた優しい配合成分となっています。

赤ちゃん用の洗剤や柔軟剤と言えば…

※どちらもamazonから引用

これらのものはドラッグストアでも見かける洗剤類です。上が洗剤、下が柔軟剤です。市販で手に入れることもできますし、楽天やamazonでも販売されているのでぜひチェックしてみてください。

マスクや帽子なども活用!

暖かい時期の花粉や紫外線は肌にとっていい影響を及ぼすものではありません。そのため肌に付着しないよう徹底的にガードすることが大切。

ここでは花粉・紫外線から肌を守るために活用したいグッズについて紹介します。

マスク

マスクと言えば花粉症の人にとって欠かせないグッズです。マスクをして鼻と口を覆うことで花粉が体内に入ることを防止できるので、くしゃみやのどの痛みを防ぐことができます。

またマスクは物によっては頬の大部分を隠すこともできます。これによって花粉が肌に付着することも防げるため、花粉によって肌トラブルが起きている人は隠せる部分が大きいものをえらぶと良いですよ。

ただこのマスク、付け方を間違えると全く意味のないものとなります。

大事なのはマスクで花粉の侵入口を完全に閉じてしまうこと。これができていれば花粉の症状を抑えることができるでしょう。

帽子

帽子は夏になると必需品になりますが、春頃に使う人は少ないと思います。しかし最初に紹介した通り紫外線は年中降り注いでいるもの。紫外線量の少ない冬はまだいいものの、春になると少しずつ紫外線量が増えてくるのでその頃から帽子を付けた方が良いでしょう。

帽子はキャップなどより幅広のものがおすすめ。ファッションに合わせて帽子の種類を変えることも大切ですが、極力つばが広いものをえらぶことで紫外線をしっかり防ぐことができます。

日焼け止め

ファッションに帽子が合わないという時は日焼け止めを使いましょう。顔に日焼け止めを塗ると刺激となる恐れがあるため、できればファンデーションにSPFが含まれているものがおすすめ。ベースメイクと一緒に紫外線対策もできて便利ですよ。

また春頃になると時には汗ばむ日もあると思います。そんな日は五分軸や七分軸を着用すると思いますが、衣服で腕を隠すことができなくなりますよね。その場合は露出している腕・足にも日焼け止めをしっかりと塗っておきましょう。

帽子がないと髪が無防備な状態となります。髪に日焼け止めを塗ることはできませんが、ヘアスプレーを使うという手があります。

髪にうるおいを与えるものや香りをつけるものなど、ヘアスプレーにはいろいろなものがあります。ものによってはSPFが含まれているものもありますので、帽子を着用しない時はヘアスプレーを使って髪を紫外線から守りましょう。

日傘

帽子を着用しない時におすすめできるのが日傘。日傘はいろいろなデザインがあり、シンプルなものもあれば大人っぽいものもあり、可愛らしいものもあります。帽子が好きではない人でも、日傘なら無理なく使うことができるでしょう。

日傘は髪・顔だけでなく上半身も紫外線から守ることができます。紫外線を完全にカットする素材を使っているものもありますので、それを使えば日傘を通過して肌に届くこともないでしょう。

サングラス・メガネ

花粉によって影響を受けるのは鼻や口、肌だけではありません。目も影響を受けてしまいます。

目に花粉が入ることでも体内でヒスタミンが発生し、目のかゆみなどを引き起こします。ひどければ目が充血したり、目やにが出たりしますので花粉症の人は目もしっかりとガードしてあげましょう。

目を守るにはサングラスやメガネが有効です。花粉症対策で販売されているもののなかにはゴーグルのような形状で、花粉が目の周りにつくことを徹底的にガードできるものもあります。

それを使えば目のかゆみ・充血などを防ぐことができるでしょう。

スキンケアと一緒にサプリ併用でさらに肌を強く

肌のスキンケアで肌を強くし、さらにマスクや帽子などで外的刺激をブロックすることで肌は刺激を受けることが少なくなります。それならこれだけ続けていれば肌はすぐに強くなるんじゃ?と思われるかもしれませんが、早めに肌を強くするなら体内からのケアもしておきたいところです。

ここでは内側から肌を強くするために、必要な成分を紹介します。

肌を強くするにはビタミン類が必須!

肌を強くするために摂取しておきたいのがビタミン類です。ビタミンと言えば色々な種類がありますが、中でも特に摂取しておいてほしいのがビタミンBとビタミンC。

ビタミンBは肌を健康的に保つ働きがあるといわれているため、肌を整える作用が期待できます。ビタミンCは美肌に対する多くの効果が期待できますが、乾燥・敏感肌が注目したいのが天然保湿因子のバランスを整えること。

天然保湿因子とは体内にもともとある保湿成分のこと。このバランスを整えることで角層がしっかりとうるおうようになるので、乾燥しにくいお肌を作り上げることができるんです。

この二つは肌にも体にもいい影響をもたらす栄養素です。食事でしっかりと摂取しておきましょう。

食事から摂取できない、またはきちんと摂取できているかわからなくて不安…という人はサプリメントもおすすめ。ビタミンBとビタミンCは多くのメーカーがサプリメントを販売しているため、ドラッグストアなどに行けばすぐに見つかりますよ。

当サイトがおすすめするのがDHCの持続型ビタミンBミックス、持続型ビタミンCです。

※画像をクリックするとDHC公式サイトにジャンプします。

この二つは他のメーカーのサプリと何が違うのかというと、サプリメント効果の持続時間です。

ビタミンBミックスは一日2粒、ビタミンCは一日4粒となっています。例えば朝一日量の半分を飲み、夜残りの半分を飲めば、ビタミンBとビタミンCの効果が長く続くということ。

長く効果が続くことでこまめに補給する必要がありませんので、ビタミンBとCを摂取するならこのサプリメントがおすすめです。

肌だけじゃない!春は目・鼻など部分的な部位もしっかりケア

春は花粉によっていろいろな症状が引き起こり、肌にも悪影響を及ぼします。しかしここまでに紹介してきた方法を実践していけば、肌を強く保つことができるでしょう。

もし花粉症の人がいるなら、肌のケアと一緒に他の部位のケアも行っておいてください。ここでは肌ケアと一緒に行っておくべき部位別のケア方法を紹介していきます。

目のケア

目はメガネやサングラスでガードしておけば花粉が目に入ることもありません。しかし大して日差しが強いわけではないのにサングラスをかけるのは少し勇気が必要ですよね。

またメガネにしても、形状がゴーグルのようになっているため、ファッションによっては合いませんし装着するのが少し恥ずかしいという人も多いかと思います。

そんな人は裸眼のまま過ごすと思いますが、裸眼で過ごすのであれば目の洗浄と目のケアは欠かさず行ってください。

目の洗浄は洗浄液をカップに入れて目周辺に密着させ、数回まばたきをすることで目の中のゴミを洗い流すというもの。アイボンなどが有名ですね。一日に何度も使用するのは推奨されていませんが、朝・夜の二回くらいはしておいた方が良いでしょう。

目のケアに使うのは目薬です。目薬にもいろいろなものがありますが、花粉症などのアレルギー症状に悩む人におすすめのものがあります。

花粉症の内服薬のように抗ヒスタミン剤が含まれている目薬で、点眼することで花粉による目のかゆみや充血を防ぐことができます。

ドラッグストアでも販売されているので、ぜひ探してみてください。

市販の目薬を使っても目のかゆみがとれないという場合は眼科に行ってみることもおすすめ。眼科に行って医師に診てもらい、症状に合った最適な目薬を処方してもらいましょう。

鼻のケア

花粉の代表的な症状と言えばくしゃみです。ただくしゃみが出るだけでなく、鼻づまり・鼻水など不快な症状がたくさん出てしまいます。

くしゃみは風邪の時にもでますが、花粉症のくしゃみと風邪のくしゃみは全く違います。

花粉症の症状と言えば…

  • 一度出始めたら3~10回のくしゃみが連発して出る
  • 鼻水がサラサラしているのですぐに垂れてくる
  • 鼻が詰まっている状態が長期間続く
  • 詰まっている期間が長くなると副鼻腔炎を併発する恐れ

花粉症の症状の度合いは人それぞれです。

あまり酷くなければくしゃみと鼻水程度で済むかもしれませんが、酷くなってくると一日中くしゃみをしてばかり・ティッシュが手放せない・鼻が詰まってニオイがわからなくなってくるなど、生活に支障が出るレベルの症状が出てきます。

筆者も花粉症を持っており、毎年とてもひどい症状に悩まされていますが、去年の春は副鼻腔炎を併発しました。
副鼻腔炎になると鼻が完全に詰まってしまい、まずニオイが全く分からなくなりました。それに伴って味覚も失われ、ご飯を食べても味が全くしなかったんです。
鼻うがいをすることで鼻の奥にある膿を出せると聞いたので鼻うがいを一日3回以上はしていましたが、うがいが終わった直後はスッキリしているものの、5分も経たずにまた詰まるのであまり意味がありませんでした。

副鼻腔炎を発症した場合はすぐに耳鼻科に行ってください。耳鼻科に行って鼻洗浄をしてもらい、それから副鼻腔炎の薬を処方してもらってください。

私は副鼻腔炎になったとき、市販の薬を1週間ほど飲んでみましたが全く効果が出ませんでした。効果がないと思って耳鼻科に行き、処方された薬を飲むと次の日には症状が軽くなっていましたよ。

ではこのツラい花粉症状を抑えるための鼻のケアはどうすればいいのか。しておきたいことは以下です↓

  • 花粉症の内服薬を飲む
  • 鼻うがいをする

この二つです。

花粉症の内服薬は市販でも販売されています。アレジオンやアレグラが有名ですね。使用方法を守って飲んでおけば、くしゃみなどの症状を一日抑えることができます。

また外から家に帰ってきた時は鼻うがいをすることがおすすめ。外出中に鼻に入り込んでしまった花粉を洗い落としましょう。一緒にうがいをしておくことで喉に付着した花粉も洗い流すことができます。

生活習慣の改善でトラブルが起きにくい体に

肌トラブル、そして健康的な体を作り上げるには生活習慣の改善も見直すことが大切。

生活習慣の改善をすることによって体の状態が整い、肌の調子もともに良くなっていくでしょう。

生活習慣の改善で気を付けておきたいのが睡眠・食事・運動です。

睡眠は6~8時間は取るようにしましょう。また深い眠りにつくことも大事なので、睡眠のコアタイムと呼ばれる0~3時の間は必ず眠るようにしておくことが大切です。

食事は栄養バランスの偏った食事がNG。肉・魚をバランスよく摂りいれつつ、野菜も多めに食べるようにしましょう。野菜にはビタミン類が含まれていますが、加熱によってビタミンが破壊される可能性があるものも。破壊されてしまうビタミンを含むものは過熱しないサラダやマリネなどに使うことがおすすめです。

運動は激しい運動を毎日する必要はありません。ウォーキングなどの軽い運動を毎日30分ほど行えばOK。ウォーキングをする時間がない場合は、自宅でストレッチをしても良いですね。

できることから実践してみてください。

肌を強くしてかゆみトラブルのない健康的な肌へ

春は花粉や紫外線などの外的刺激が増えてくる季節です。これらの刺激によって肌にかゆみがでたりすると、どうやって対処すればいいのかわかりませんよね。

かゆみや赤み、肌トラブルに毎年悩まされている人は肌を強くすることを第一に考えましょう。肌を強くすれば外的刺激に負けない肌を作り上げることができますので、花粉や紫外線によってトラブルが起きにくくなります。

また乾燥・敏感肌を改善することでいろいろな化粧品を使えるようになりますので、これも肌質改善のメリット。

肌を強くすることはたくさんのメリットがあることなので、肌に悩みがある人は肌を強くし、トラブルのない健康的な肌になってくださいね。